103期生として次席で入団し活躍が期待される瑠璃花夏さん

宝塚歌劇団の娘役の瑠璃花夏さん。2017年に103期生として入団しました。初舞台公演は、雪組『幕末太陽傳』『Dramatic “S”』でした。この公演はトップコンビの早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演でした。次席で入団し、初舞台ラインダンスお披露目後のインタビューでは、「心をひとつに一回一回を大切にし、感謝の気持ちも忘れないようにしたい」と話していました。京都府京都市の出身で、演じてみたい役に『若き日の唄は忘れじ』のふく役を挙げています。
星組に配属されました。星組生として初めての公演は、『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA』でした。ショーでは、少人数の娘役の場面にも選ばれました。その後、宝塚歌劇団としては中日劇場最後の公演となった『うたかたの恋』『Bouquet de TAKARAZUKA』に出演しました。『うたかたの恋』では、ヨハンナ役を演じ、ショーでも引き続き様々な場面で活躍しました。次回は2018年4月から宝塚大劇場で上演される『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge』に出演します。エピレ web予約